「能登半島から直送でお届けします。」
能登いか屋さんの真いかは、製品がきれい・肉厚・旨い!! ご贈答にも喜ばれます。

『能登いか屋さん』は、石川県いか釣生産直販協同組合の屋号です。
日本三大イカ基地である“能登小木港産の船凍いか”を、産地で加工し全国に産直販売するいか専門の加工組合です。

船内急速凍結のいか釣り船の親方だった当組合創業者は、幼少の時代から大人と共にいか釣り漁をし、イカの鮮度を熟知していました。
昭和57年当時、流通環境が悪く、イカが白く張りのない状態で「刺身用」として量販店に並んでいるのを見て、“能登の船凍いか”を全国の方々に紹介したいと強く感じました。
これが、「お刺身用・一本釣いか」の始まりです。

“能登小木港産の船凍いか”は、漁には全国的に定評がありながら、産地で加工が行われなかったために、その知名度は一般の方にはほとんどありませんでした。
また宅配便もなく産地直送というシステムがない頃で、地元の郵便局とタイアップして、多くの課題を一つひとつ解決して取り組むうち、全国の多くの方がファンになってくださいました。

現在、流通環境も良くなり、鮮度の良いイカが店頭に並ぶようになりましたが、「お刺身用・一本釣いか」はお使いになりたい時に解凍することで、いつでも船上の味をお楽しみいただけるため、今も重宝されており、特にご贈答では先様に大変お喜びいただけたとのお声が多く寄せられます。
また、“能登の船凍いか”を使用した加工品には、お客様のリクエストやお声から誕生した商品も多くございます。

いか釣漁師の熱い思いとイカへの愛情が詰まった“能登小木港産船凍いか”を、当組合(能登いか屋さん)が大切においしく加工して、お客様のお手元へ能登から直送いたします。